松江城



松江城の歴史を訪ねる。
P1000370.JPG


天守閣入り口
P1000368.JPG


入り口
P1000357.JPG


石段
P1000350.JPG


石垣
P1000348.JPG


案内図
P1000353.JPG



松江城

通称 千鳥城

城郭構造 輪郭連郭複合式平山城

天守構造 複合式望楼型 4重5階地下1階(木造 1607年築 現存)

築城主 堀尾忠氏

築城年 1611年(慶長16年)

主な改修者 京極忠高

主な城主 堀尾氏、京極氏、松平氏

廃城年 1871年(明治4年)

遺構 現存天守、石垣、堀

指定文化財 国の重要文化財(天守)、国の史跡

再建造物 櫓・門・橋



松江城

城は松江市街の北部に位置し、南に流れる大橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城

である。宍道湖北側湖畔の亀田山に築かれ、日本三大湖城の一つでもある。なお、

城の周りを囲む堀川は宍道湖とつながっており薄い塩水(汽水域)である。

構造は、本丸を中心に据え、東に中郭、北に北出丸、西に後郭、東から南にかけ外郭、

西から南にかけ二の丸が囲む。二の丸の南には一段低く三の丸が配されている。

江戸時代には松江藩の藩庁として、出雲地方の政治経済の中心となったが、明治時代

初頭に廃城令によって存城処分(陸軍省所管)となったため、天守以外の建物はすべて

払い下げられ撤去された。城跡は現在、松江城山公園として利用され、また、江戸時代

初期建造の天守を有する城跡であり、天守は山陰地方の現存例としては唯一である。

天守からは宍道湖を眺望できる。天守内部には松江市街のミニチュア模型が展示されて

いる。 現在、指定管理者制度に則り、特定非営利活動法人松江ツーリズム研究会が運営

をしている。ほか、桜の名所として日本さくら名所100選に選ばれている。


日本の「城」巡りTOP








posted by oojijisun at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。